研究科案内
研究科長挨拶


 人文社会科学研究科は、埼玉大学の文科系領域を網羅する大学院です。2015年4月に、それまでの文化科学研究科と経済科学研究科を統合して発足しました。
 旧文化科学研究科は教養学部を土台に、哲学・歴史・文学などの人文系と、社会学・国際関係などの社会系を包含していました。旧経済科学研究科は経済学部を土台に、経済・経営・会計・法律・行政など社会科学分野の社会人大学院でした。両者の統合で人文社会系のほぼ全分野を網羅する大学院を設け、協力・総合の相乗効果を狙ったものです。
専攻は、
  博士前期課程に《文化環境専攻》《国際日本アジア専攻》《経済経営専攻》の3つ
  博士後期課程に《日本アジア文化専攻》《経済経営専攻》の2つ
を置いています。
 前期課程に即していうと、《文化環境専攻》が主として人文関係、《経済経営専攻》が経済関係です。後者は、社会人のための夜間大学院として実績の高い旧制度を引き継ぎます。そして新設の《国際日本アジア専攻》は、留学生を中心に、日本/アジアの文化・社会から経済にまたがる国際的で総合的な研究を、統合の強みを活かして可能にする試みです。ここには英語の授業だけのコースも設けました。
 豊富な英語での授業、多くの外国人教員、社会人のための夜間・土曜授業と東京駅直結サテライトキャンパス、官界・実業界の第一線のご協力をいただく客員教授陣など、学生それぞれの条件とニーズに応える準備を整えています。
 ここで、専門を深く攻究することはもちろん、幅広く総合的な視野も養っていただきたい。特に強く申し上げたいのは、当研究科が各国からの留学生、現役社会人と多様なタイプの学生から成り立っている強みを活かして、密に交流し、他では得られない情報と相互理解を手にしてほしいということです。

学問の輪へ Join us!

埼玉大学大学院 人文社会科学研究科長 伊藤 修

▲TOP

HOMEに戻る