研究生・科目等履修生

研究生について

研究生は、あらかじめ研究題目・指導教員を定め、特定のテーマについて研究する制度です。本研究科の研究生になるには、原則として、学士の学位(あるいはそれに該当する学位や、学士号を持つ者と同レベルの学力)を有しており、本研究科の行う書類審査と面接に合格することが必要です。また外国人留学生の場合は、在留資格を有しており、本研究科の定める日本語能力を証明できることが出願条件に含まれます。

研究生の研究期間は半年間ですが、所定の期間内に延長願いが出た場合は、さらに半年間の延長を認めることがあります。出願のための資格・期間・書類など、くわしくはトップページ左下のニュース欄をご参照下さい。

研究生についてのお問い合わせ先

 ・ 文化環境専攻及び国際日本アジア専攻の日本アジア 文化コースについては
人文社会科学研究科学際系学務係 電話:048-858-3044

 ・ 経済経営専攻及び国際日本アジア専攻の日本アジア経済経営コースについては
人文社会科学研究科経済系学務係 電話:048-858-3286

▲TOP

科目等履修生について

科目等履修生は、人文社会科学研究科の一つまたは複数の授業を履修するための制度です。本研究科の科目等履修生に出願するためには、原則として、学士の学位(あるいはそれに該当する学位や、学士号を持つ者と同レベルの学力)を有していることが必要です。履修できる科目数には制限があります。また、授業科目の性質などによっては、履修を認められない場合もありますので、ご注意ください。くわしくは、トップページ左下のニュース欄に掲載する科目等履修生案内をご参照ください。

科目等履修生についてのお問い合わせ先

 ・ 文化環境専攻及び国際日本アジア専攻の日本アジア 文化コースについては
人文社会科学研究科学際系学務係 電話:048-858-3044

 ・ 経済経営専攻及び国際日本アジア専攻の日本アジア経済経営コースについては
人文社会科学研究科経済系学務係 電話:048-858-3286

▲TOP

HOMEに戻る