国際日本アジア専攻の教育

カリキュラムの構成と特色

  •  ・ 日本語学、日本文学、東アジア文化などを研究する「日本アジア文化コース」と、日本とアジアにおける経済・経営を研究する「日本アジア経済経営コース」で構成されています。
  •  ・ 「共通科目」「基礎科目」「専門科目」「研究指導」という4種類の授業によって、段階的に学習と研究を深めることが可能です。
  •  ・ 他専攻の授業でも修了に必要な単位を取得できますので、幅広く学ぶことが可能です。また留学先の大学院で取得した単位を、本研究科の単位として認定する制度もあります。
  •  ・ 夜間・土曜開講や長期履修制度といった仕組みを導入し、勤務・家事・育児・介護をしながら学ぶ方を支援します。
  •  ・ 各種の財団や官庁、ミュージアムにおける実務担当者が担当する授業を設けるなど、地域・社会との連携を進めています。
  •  ・ 専修免許取得(中学および高等学校の国語)のために必要な授業科目を開講します。
  •  ・ 「アジア文化交流研究プログラム」「日本語教育プログラム」を設け、日本・アジア文化の深い理解のもとに高度の実践的能力を有する人材を育成します。これらのプログラム修了者には、研究科独自の修了証を授与します。
  •  ・ すべての講義と修士論文の作成指導を英語で受け、英語だけで修了できるプログラムを提供しています。

▲TOP

所属教員とその専門分野

日本アジア文化コース

 ■日本語学

専任教員 専門分野
新井 高子 日本語教育史
金井 勇人 日本語学、日本語教育、日本語文法論
川野 靖子 日本語学(現代日本語文法)
嶋津  拓 言語社会学、言語政策、国際文化交流政策
山中 信彦 言語学(意味論、語用論)
劉  志偉 日本語教育学、日本語文法研究

 ■日本文学

専任教員 専門分野
杉浦  晋 日本近現代文学
武井 和人 日本古典籍学、中世古典学史、中古中世和歌史
ビュールク、トーヴェ 日本近世文学、伝統芸能、歌舞伎
ザラ-パップ、ジリア メディア学、美術史

 ■東アジア文化

専任教員 専門分野
権  純哲 韓国思想史、儒教思想、近代東アジア学術思想史
牧  陽一 近現代中国の文学・芸術

 ■歴史学(日本史・東洋史)

専任教員 専門分野
一ノ瀬 俊也 日本近現代史、軍事史、社会史
井上 智勝 東アジア宗教社会史・日本近世史
小野寺 史郎 中国近現代史
フライデー、カール 日本古代・中世史、武士の文化、社会史
ブラウン、ロジャー 日本近現代史、日米関係史

日本アジア経済経営コース

 ■経済学・経営学・会計学・法学・政治学・行政学・公共政策

専任教員 専門分野
井原  基 比較経営論
禹  宗杬 労使関係論、人的資源管理論、社会政策論
内田 奈芳美 都市計画、建築計画
江口 幸治 民法、土地法、農業法
遠藤  環 アジア経済、開発経済、地域研究
川又 伸彦 憲法学
渋谷 百代 国際コミュニケーション
Kitti Limskul Macroeconomics, Input-output Table Analysis, Labor Economics
川端 庸子 国際マーケティング論
末松 栄一郎 管理会計論
田口 博之 経済政策、アジア経済
土川 信男 日本政治史
長島 正治 理論経済学(国際経済学、開発経済学)
朴 英元 国際経営戦略、国際技術経営戦略、IT戦略
藤井 まなみ 国際民事手続法、国際取引法
李   潔 国民経済計算、産業連関分析

授業科目一覧

共通科目(研究支援科目)
English Skills Ⅰ
English Skills Ⅱ
異文化コミュニケーションワークショップ
English Presentation and Negotiation
共通科目(留学生向科目)
日本語運用演習 Ⅰ
日本語運用演習 Ⅱ
基礎科目
日本古典文学研究法 Japan and the Asia Pacific War
日本近現代文学研究法 The Traditional Performing Arts in Japan
東アジア思想研究基礎 Japanese Material Culture
中国近現代文化論研究基礎 日本経済の構造
韓国文化研究法 日本のマーケティング
東洋史研究基礎 日本企業のケーススタディ
日本史研究基礎 Ⅰ・Ⅱ
専門科目(インターンシップ科目)
ミュージアム・インターンシップ Ⅰ・Ⅱ
シアター・インターンシップ
埋蔵文化財インターンシップ
国際協力インターンシップ
特別インターンシップ Ⅰ・Ⅱ
専門科目(地域連携科目)
地域振興論 ミュージアム・エデュケーション
アーツと社会
専門科目(日本文化科目)
比較文学 I Justice and the Vendetta Culture in Pre-modern Japan
日本古典籍学 Ⅰ〜Ⅳ Gender & Family in Traditional Japan
日本近世文学演習 Ⅰ〜Ⅳ The Golden Age of Heian Court
日本近現代文学 Ⅰ〜Ⅲ Edo Culture
日本近代文学資料の探索と処理 Edo Culture and the "Bad Places"
日本語学 Ⅰ・Ⅱ What is History ?
日本語語用論 Ⅰ〜Ⅲ Studies in Pre-modern Japanese History
日本社会史 Ⅰ〜Ⅳ Colloquium in Pre-modern Japanese History
日本近世史 Ⅰ〜Ⅳ Seminar in Pre-modern Japanese History
日本近代史 Ⅰ・Ⅱ Seminar in Modern Japanese History
Seminar in Pre-modern Japanese Literature Cultural Studies of Modern Japanese-European Relation
Seminar on the Performing Arts in Pre-modern Japan Seminar in the History of US-Japan Relation Ⅰ・Ⅱ
Culture and Justice in Pre-modern Japan
専門科目(日本語教育科目)
日本語音声・音頭論 日本語教育演習 Ⅰ・Ⅱ
日本語文法論 Ⅰ・Ⅱ 日本語教育と言語政策 Ⅰ〜Ⅳ
日本語教育学 Ⅰ・Ⅱ  
専門科目(アジア文化科目)
日韓文化交流史 Ⅰ〜Ⅳ Governance and Development in Asia and Africa
中国近現代文化論 Ⅰ・Ⅱ Population change and migration in Asia
アジア近現代史 Ⅰ・Ⅱ Contemporary Art & Media in the Asian-Pacific Region Ⅰ・Ⅱ
国際日本アジア文化研究
専門科目(日本アジア経済社会科目)
日本の労働経済 Economic Structure of Japan
日本の産業連関分析 Asian Economy
アジアの経済政策 Economic Policies in Japan and Asia
日本の社会保障 International Trade in Japan and Asia
アジアにおける経済社会開発 Social Development
アジアの経済発展 Microfinance and Development
アジアの都市計画 Economic Development in Asia
日本の地方財政 Public Policies in Japan and Asia
日本の憲政と憲法 日本の地方自治
日本の経済地理 日本における土地利用と法
日本政治史 Money, Banking and Financial Market
国際取引と法 Public Finance and Socioeconomic Development in Japan
Econometrics Methods in Macroeconomics
専門科目(日本アジア経営科目)
日本企業の経営管理 Global Environment and Asia
日本企業の管理会計 Applied Urban Planning in Asia
アジアにおける日本企業 Advanced Research in Japanese Society
日本の雇用関係 Japanese Enterprises in Asia
日本の中小企業 Human Resource Management in Asia
国際マーケティング論 Japanese-style Management
Development of Japanese-style Marketing Global Business in Japan and Asia
Diffusion Studies in Asia Global Business Strategy
研究指導
演習 Ⅰ〜Ⅵ
Seminar Ⅰ〜Ⅵ

▲TOP

HOMEに戻る