日本アジア文化専攻(博士後期)の教育・入試案内

カリキュラムの構成と特色

  •  ・ カリキュラムは、高度な研究を行うのに不可欠な方法論を修得するための「研究支援科目」、専門領域における高度な専門知識を修得するための「言語文化研究系科目」、「歴史哲学文化研究系科目」、「社会文化環境系科目」、および「国際共同研究科目」、博士論文執筆のための「研究指導」で構成されています。
  •  ・ 日本研究の深化のための授業科目と、アジアの視点からの授業科目をそろえ、これらを有機的に結びつけて履修できるよう工夫がなされています。
  •  ・ 特例として夜間や土曜に授業を開講し、社会人の時間的ニーズへの対応を行います。また社会人学生への対応として、5年を上限とする長期履修制度を設けています。
  •  ・ 国内の他の大学院や海外の大学院で修得した単位を修了単位の一部にあてることができます。

▲TOP

入試案内

募集人員

社会人、一般、外国人留学生を合わせて4名です。

入学試験の方法

  •  ・ 入学者の選抜は、面接、研究計画書および研究業績等の総合審査によって行います。
  •  ・ 外国人留学生については、原則として日本語能力検査を課します。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

人文社会科学研究科博士後期課程日本アジア文化専攻では、次のような入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)をかかげています。

  • 文化行政、文化界などの分野での就職を希望している人
  • 専門性をよりいっそう深め、共生社会・文化振興に寄与する意欲のある人
  • 入学後に取り組む博士論文のテーマについての問題意識・研究能力を十分持っている人

入試日程

日本アジア文化専攻の平成29年度入試は、下記の日程で行われます。経済経営専攻とは日程が異なりますのでご注意ください。

出願期間 平成29年1月10日(火)〜1月20日(金)
試験日 平成29年2月18日(土)、19日(日) 
合格発表(予定) 平成29年3月3日(金)
入学手続き 平成29年3月14日(火)、15日(水)

※試験日は原則として2月18日ですが、出願者数によっては18、19日の2日間になる場合もあります。

『学生募集要項』の入手方法

※専攻ごとに別ファイル(別冊)になっていますのでご注意ください。

ダウンロードでPDF版を入手される場合

平成29年度「大学院人文社会科学研究科(博士後期課程)日本アジア文化専攻学生募集要項」(平成29年4月入学)PDF版は、ページ右のダウンロードボタンから入手可能です。なお、この方法で募集要項を入手された方は、検定料を払い込まれる際に、「コンビニエンスストアからの入学検定料支払い方法(PDF)」にしたがって、手続きを行ってください。

冊子版を入手される場合

窓口で直接受け取る方法

平日の9時から16時30分の間に人文社会科学研究科支援室の教養学部係窓口(全学講義棟1号館)にて配付いたします。

郵送で請求する方法

返信用の封筒[角形2号(24cm×33.2cm)]に募集要項受取人の住所・氏名・郵便番号を記入の上、250円分の切手を貼ったものを別の送付用封筒に入れ、次の住所にお送りください。 送付用封筒の表左下に『平成29年度埼玉大学人文社会科学研究科(博士後期課程)日本アジア文化専攻学生募集要項請求』と朱書してください。

〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255
埼玉大学人文社会科学研究科支援室教養学部係 宛

所属教員とその専門分野

専任教員 専門分野
井上 智勝 東アジア宗教社会史、日本近世史
井口 壽乃 映像論、デザイン史
一ノ瀬 俊也 日本近現代史(軍事史・社会史)
市橋 秀夫 地域文化政策研究、余暇史、イギリス近現代社会史
小野寺 史郎 中国近現代史
川野 靖子 日本語学
権  純哲 韓国思想史、儒教思想、近代東アジア学術思想史
サムレト、ソワンルン 開発経済学
ザラ-パップ、ジリア メディア学、美術史
杉浦  晋 日本近代文学
武井 和人 日本古典籍学、中世古典学史、中古中世和歌史
中川 聡史 地理学、人口地理学
中村 大介 東アジア考古学
フライデー、カール 日本古代中世史
ブラウン、ロジャー 日本近現代史、日米関係史
牧  陽一 現代中国の文学・芸術
三浦  敦 社会人類学、農村開発研究
明星 聖子 ドイツ文学、編集文献学
山崎 敬一 社会理論、エスノメソドロジー
劉  志偉 日本語教育学、日本語文法研究

授業科目一覧

研究支援科目
言語文化研究方法論 社会文化環境研究方法論
歴史哲学文化研究方法論  
言語文化研究系科目
日本語研究特論 編集文献学研究特論
日本語教育研究特論 日本近現代文学研究特論
中国近現代文化研究特論 日本古典文学研究特論
歴史哲学文化研究系科目
日本思想研究特論 日本歴史学研究特論(近代)
日本政治思想史研究特論 東アジア思想研究特論
日本歴史学研究特論(古代・中世) 東アジア歴史学研究特論
日本歴史学研究特論(近世) 東アジア考古学研究特論
社会文化環境系科目
現代社会学研究特論 人口地理学研究特論
Comparative Economic Development in Southeast Asia 環境人類学研究特論
アートマネジメント研究特論
地域文化政策研究特論 文化資源学研究特論
国際共同研究科目
国際日本アジア文化研究特論
研究指導
特別演習 I 特別演習III
特別演習II  

▲TOP

HOMEに戻る