入試案内(国際日本アジア専攻)

入学試験の特色

さまざまな学習歴や文化的バックグラウンド、あるいは海外を含む実社会での体験を最大限に生かしていただくべく、人文社会科学研究科博士前期課程では、さまざまなタイプの入試を用意しています。

▲TOP

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際日本アジア専攻(博士前期課程)では、次のような入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)をかかげています。

  • 国際日本アジア専攻(博士前期課程)では、次のような人に育つことを期待します。
    ・国際的視野からの日本とアジアに関する研究能力をもつ人、日本とアジアの文化・歴史・社会・ビジネスを理解し、国際的に活躍できる人。
  • 国際日本アジア専攻(博士前期課程)では、次のような知識、能力などの修得を目指した教育を行います。
    ・日本アジア文化コースでは、日本とアジアに関する人文学を中心とする学識と、国際的な視野から文化・歴史・社会を洞察できる能力。
    ・日本アジア経済経営コースでは、日本とアジアの文化・歴史・社会に関する学識と、経済・経営・行政についての理論的・実証的な分析能力。
  • 国際日本アジア専攻(博士前期課程)では、次のような人が入学することを望んでいます。
    ・国際的視野からの日本とアジアに関する研究能力を養うことをめざす人、日本とアジアの文化・歴史・社会・ビジネスを理解し、国際的に活躍することをめざす人。
  • 国際日本アジア専攻(博士前期課程)では、上記の目標に適性をもつ人を受け入れるために、次のような入学試験を実施します。
    ・日本アジア文化コースでは、面接、研究計画書、研究業績等の総合審査によって判定します。ただし、第1回入試の一般・社会人・外国人留学生入試では学力検査(専門科目の筆記試験)も行います。
    ・日本アジア経営コースでは、面接、研究計画書、研究業績等の総合審査によって判定します。なお研究計画書は、予定している研究テーマの説明、これまでの準備状況、入学後の研究計画の記載を必要とします。

▲TOP

入学試験の形式(概要)

人文社会科学研究科博士前期課程では、年に2回入試を行う予定です。それぞれの回によって、また志望する専攻やコースによって試験の形式が異なりますのでご注意ください。概要は下表の通りですが、出願をお考えになる際には、受験する年度の『学生募集要項』を必ずよくお読みください。また、上記2回の入試以外に再募集を行う場合は、ホームページ等で公表します。

    一般入試 社会人入試 外国人留学生入試 社会人推薦特別入試・教員派遣特別入試・国際協力特別入試
日本アジア文化コース 第1回入試 筆記試験(専門分野)および面接 面接(注)
第2回入試 書類審査(論文等)および面接 面接(注)
日本アジア経済経営コース 第1回入試、第2回入試共に 面接(注)

(注)試験は面接のみですが、合否判定は「研究計画書」などの提出書類と総合して行います。

▲TOP

入学試験の時期(国際日本アジア専攻)

平成30年度入試は、下記の日程で行われます。コースによって日程が異なりますのでご注意ください。

 ■日本アジア文化コース

  第1回入試 第2回入試
出願期間 平成29年6月26日(月)〜7月7日(金) 平成30年1月9日(火)〜1月19日(金)
試験日 平成29年7月29日(土)、7月30日(日) 平成30年2月10日(土)、2月11日(日)
合格者発表(予定) 平成29年8月8日(火) 平成30年2月27日(火)
入学手続 平成29年11月21日(火)、11月22日(水) 平成30年3月14日(水)、3月15日(木)

 ■日本アジア経済経営コース

  第1回入試 第2回入試
出願期間 平成29年9月4日(月)〜9月14日(木) 平成30年1月22日(月)〜2月1日(木)
試験日 平成29年10月7日(土) 平成30年2月17日(土)
合格者発表(予定) 平成29年10月31日(火) 平成30年3月1日(火)
入学手続 平成29年11月21日(火)、11月22日(水) 平成30年3月14日(水)、3月15日(木)

※試験日は2日間設定していますが、2日目を行うのは応募者多数の場合に限ります。

▲TOP

募集人員

国際日本アジア専攻 募集人員(第1回入試と第2回入試の合計)
日本アジア文化コース
日本アジア経済経営コース
38名

※すべて一般入試と特別入試を合計した人数です。

▲TOP

出願資格についての注意点

入試形式によって異なりますので、『学生募集要項』をよくお読みください。また、外国の3年制の大学を卒業しているなど、これまでの経歴によっては、出願資格があるかどうかを、出願期間よりも前に審査するケースがありますのでご注意ください。この点についても『学生募集要項』でご確認ください。

▲TOP

『学生募集要項』の入手方法

ダウンロードでPDF版を入手される場合

平成30年度「大学院人文社会科学研究科(博士前期課程)学生募集要項」(平成30年4月入学)PDF版は、右にありますダウンロードボタンから入手可能です。(トップページのNewsからもダウンロード可能です)。なお、この方法で募集要項を入手された方は、検定料を払い込まれる際に、「コンビニエンスストアでの入学検定料払込方法(PDF)」にしたがって、手続きを行ってください。

冊子版を入手される場合

窓口で直接受け取る方法

平日の9時から16時30分の間に人文社会科学研究科教養学部係および同経済学部係(いずれも全学講義棟1号館1階)の各窓口にて配付いたします。また東京ステーションカレッジの窓口でも入手可能です。

郵送で請求する方法

返信用の封筒[角形2号(24cm×33.2cm)]に募集要項受取人の住所・氏名・郵便番号を記入の上、250円分の切手を貼ったものを別の送付用封筒に入れ、次の住所にお送りください。 送付用封筒の表左下に『平成30年度埼玉大学人文社会科学研究科博士前期課程学生募集要項請求』と朱書してください。

〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255
埼玉大学人文社会科学研究科 教養学部係または経済学部係 宛

▲TOP

検定料の払込み方法

入学検定料を払い込むには、「振込依頼書を使用して金融機関で払い込む」方法と、「コンビニエンスストアで払い込む」方法があります。『学生募集要項』を冊子版で入手された方はどちらの方法も選べますが、ダウンロードしたものを使って出願される場合は、必ずコンビニエンスストアで払い込んでください。その際には、「コンビニエンスストアでの入学検定料払込方法(PDF)」をご参照ください。なお、お申し込みの際に入力する8桁の番号をご自分で決める必要がありますので、ご自分の誕生日を数字化して、整理番号としてください(例:1989年5月5日生まれの場合 19890505)。

▲TOP

入学試験についてのお問い合わせ先

  • 日本アジア文化コースを志望される方
    人文社会科学研究科教養学部係 電話:048-858-3044
    (平日の9〜17時。なお、試験内容についての問い合わせには応じられません)
  • 日本アジア経済経営コースを志望される方
    人文社会科学研究科経済学部係 電話:048-858-3287
    (平日の9〜17時。なお、試験内容についての問い合わせには応じられません)

▲TOP

HOMEに戻る